LP制作:ランディングページの構成

LPは、ランディングページの略で、インターネット広告でリンクされるページのことです。

広告をクリックされたさいに最初に表示されるページであるため、LPの役割としては広告したい内容をわかりやすく紹介することになります。わかりやすく紹介することで、商品の購入やサービスの利用などといった購買意欲を高めることができ、その結果、従来の方法に比べて売上に繋げることができるというものです。 そのためLP制作ではその購買意欲を高めるような構成であることが望まれます。一般にLP制作はホームページ制作会社や専門のランディングページ制作会社に依頼して作ることになりますが、仕組みとしてはそれほど難しいものではないため、個人でも作ることができます。

LP制作の構成やデザインは自由ですが、基本は1ページで構成されていることです。

もっとも多く採用されているレイアウトとしては、上から商品やサービスのキャッチコピーや商品イメージ、コンパクトにまとめた商品・サービスのポイント、その商品やサービスの効果や使い方、購入ページへのリンク、利用者の声、購入者ページへのリンクの順になります。このさいに分かりやすいサイズの文字とフォントを使い、また写真や画像を多用するのが一般的です。また文章にも購買意欲を高める工夫がなされていますが、文章が長くしないようにして、すぐに理解できるような文章にするのが一般的です。もちろん、これらは商品やサービスの特徴によって異なります。 またLP制作では1枚のページを作るだけでなく、複数のページを作り、そこから効果がもっとも高いものに淘汰する最適化という作業も行われ、費用対効果を高めることになります。