LP制作の内容とその意味

LP制作とは広告などをクリックした際に表示されるランディングページを作成することであり、

従来直に商品の購入ページ等へ遷移することが多かった広告もこのランディングページを経由したものが非常に多くなってきています。LP制作の意味はただ一つコンバージョン率を上げることです。コンバージョンとはユーザーが広告を見るだけではなく、実際に商品やサービスを購入したりもしくは資料請求などを行うなどの実際にアクションを起こす行動のことを指します。 コンバージョン率とは広告ページを開いたPV数やユニークユーザー数からみるコンバージョンの割合を指す言葉であり、ランディングページを置くことによりコンバージョン率の大幅な上昇を見込むことができます。

少なからず商品やサービスに興味を持っていることがうかがえます。

このため、LP制作では実際に購入、もしくは資料請求をさせるための内容にする必要があり、単にユーザーを誘い出すようなきれいごとを並べるだけではなく、きちんと意味を持った語句や画像などを使ってユーザーの興味をあおるページにする必要があります。 具体的には商品の説明や購入ボタンや電話番号の掲示だけではなく、ユーザーの関心をあおるキャッチコピーを先頭に持ってきてユーザーを逃がさないようにすることやなぜこの製品がユーザーにおすすめなのか、または他に商品やサービスを購入したユーザーの声などを載せるなどすることがホームページ制作で成果を出すポイントといえるでしょう。